ひどく風の匂い

弘明寺健太のブログ

勝手にライナーノーツ: まえだけんた&ジ・アッシュトレイズ「トレンチコート」

神戸の音楽仲間たちが、また素晴らしいCDを作りました。 

まえだけんた & ジ・アッシュトレイズ「トレンチコート」

f:id:gumyoken:20170910113927j:plain

 

本当にこれは掛け値なしの傑作であります。是非一人でも多くの方に聴いてもらいたいと思ったので、今回はこのアルバムについて熱く語ります。

いや、そりゃまあ、自分の作った曲も入っているからなんていうイヤらしい気持ちが全くないと言ったらウソになる。でもそれだけではこうしておこがましくもライナーノーツを書こうなんて思わない。

とにかくこのアルバムを聴いて、せめて言葉でその魅力を伝えられたならという強い思いにかられたので、拙文ではありますが、心を込めて彼らの音楽を紹介したいと思います。


まえだけんた君との出会いは約3年前に遡る。当時神戸に住んで色んな人たちと音楽を通じて知り合ったなかでも、その出会いは神戸を離れる直前のことで、残念ながら神戸で一緒に演奏する機会は決して多くはなかったのだけれど、その後神戸にライブをしに行くときは必ず対バンさせてもらっているし、彼が東京でライブをするときはできるだけ足を運ぶようにしている。

それはやはりその音楽性に強いシンパシーと敬意を感じているからなんだと思う。

f:id:gumyoken:20170910114847j:plain


そしてそんなマエケン君から今回届けられたCDは、予想を遥かに上回る素晴らしさでした!


それでは、解説︎!

 ********************

1. スーパームーン

ここで歌われている月とは何を意味するのだろう。追い続けている夢か、変わることのない信念か、それとも何かへの強い愛か。

あまりに大きくて眩しすぎるその何かは、日々満ち欠けを繰り返し、揺れている。

マエケン君の歌詞は、シンプルで平易な言葉の中に、いくつもの深い意味を含んでいる。やたらボキャブラリーを詰め込もうとする弘明寺健太のそれとは対照的で、そしてそれよりも優れている。

少ない言葉によって語られるこの「儚さ」こそが彼の歌の真骨頂だと思う。そんな魅力が詰まった、オープニングを飾るに相応しい一曲。


2. ランドセル

大人だからといって、いつも子供の手本になるような存在であるとは限らない。

煙草を吸いながら、ランドセルを背負って走っていく子供たちを見て、自分にもこんな時期があったのだと、ふと振り返る。そして自戒しつつも少し優しい気持ちになったりして。

要するに、余計なことを考えたりせず、たまには大人も子供と同じ目線になってフンフンと一緒に鼻歌を歌えばいいのだ。


3. ロノウェ

悪魔との契約を破棄して、めでたく28歳の誕生日を迎えたマエケン君。ありふれた幸せを選んだんだね。

いやいや、悪魔なんぞに魂を売り渡さなくても、君は溢れる才能と素敵な仲間たちを得た!

そして悪魔に向かって来世で会おうとうそぶく、この太々しさ!

自分もそんな台詞を言ってみたかったぜ。


4. レイトショー

唯一本人以外のソングライティングであるこの曲の作者は、弘明寺健太(笑)

アメリカン・ニューシネマの主人公のように、社会にうまく適応できず彷徨う放浪者のモチーフをマエケン君に歌ってもらいたい、という思いつきから作ったこの曲、どーよ、狙い通り大成功!(自画自賛ww)

なんて、嘘です、この曲はもはやオリジナルを遥かに超えたまえだけんたの曲となっていて、それは卓越したマエケン君とこのバンドの表現力があるからこそなのです。

この曲をアルバムに収録してくれたこと、心の底から感謝しています。本当にありがとう!


5. クヌルプ

タイトルのクヌルプとは、ドイツの作家、ヘルマン・ヘッセの同名の小説からの引用とみた。(勉強不足の小生は残念ながら未読)

何かを追い求めるということは、孤独との闘いでもある。そんな不安をあらわすかのような、マイナーコード。これがまた、非常に自分好みなのであります。

迷いがないわけではない。それでも安易な妥協や連帯には背を向けて進まずにはいられないのだ。


6. お疲れさん

仕事帰りにこの曲を聞くたびに、沁みるんだな…(T_T)

理想と現実の狭間で折れそうになる心に向かって、自ら励ましと労いの言葉をかけられる、そんな強さを持ち続けられますように。

甘塩っぱいメロディとほろ苦い歌詞は、この曲がうわべだけの応援歌になることを拒んでいる。


7. トレンチコート

そしてまた夜。ひとり暗闇の中に佇み、じっと耳を澄ませ、この道の行方を探る。でも今はまだ何もはっきりとは見えない。

雨に霞んで行き先が見えないなら、強がりだとしても、いっそ傘なんか持たずにこの雨に濡れていた方がずっとリアルに今を感じることができるだろう。本当の光は、遠い星空になんかじゃなく、この身を伝ってゆく雨粒を流れ星として見据えるこの心の中にあるのだ。

ここにあるのはセンチメンタルな感情などではなく、固い意志を持ち続けようという力強いメッセージだ。

そしてそれはこのアルバム全体に貫かれているテーマともいえる。


…おっと、ここで終わりじゃないですよ。

今日もライブを終えて、朝、人の流れに逆らいながら帰途につくマエケン君の、あくび交じりのモノローグでこのCDは幕を閉じます。これがまたなんともニクいエンディングなんだ。聴き逃さないでね。

 

つまりこのアルバムは文学である。夢と向き合いながら旅を続ける一人の男の私小説であり、そしてそれは世の中のすべての人たちの物語でもある。

 

♪♪♪

バックを支えるジ・アッシュトレイズ。およそ今日までのロックやブラックミュージックへの深い愛情の上に産み出されたマエケン君の楽曲に呼応するかのようなスピリットを感じさせる演奏だ。まるでエレキギターを持ってフォークロックをやり始めた頃のボブ・ディランのサウンドみたい。ってちょっと褒め過ぎか(笑)

いや、でもホントに、これはもう音楽が好きで仕方ないって人たちにしか出せない音です。楽曲の良さを最大限に引き出そうという思いが、その丁寧なアレンジに表れている。勢いだけでなくそんな実直さと熱意が詰まっているから、何度聴いても飽きない。

なんたって美しいマエケン君のメロディに、見事にマッチしているではないですか。ちくしょー、羨ましいぜ!


そんなわけで、とにかくこのアルバムを入手して以来、毎日欠かさずに聴いております。本当にたくさんの人たちにこのCDを聴いてもらいたい。

まったく偽りない僕の願いです。

なにとぞ、よろしく。

 youtu.be

 まえだけんたHP(CD販売ページ): 

http://kenta-maeda.com/purchase/

秘かな愉しみ

 

少し気障な言い方ですが、絵を描くように曲を作りたいと思っている。

自分は絵心というものはあまりないのだが、遥か昔、まだ社会人になって間もない頃、職場で美大出身の先輩に深夜残業しながらちょっとしたデッサンの手ほどきを受けたことがある。ひとまず目の前にあったマグカップを描いた僕の絵を見ながら、その先輩はこう言うのだった。「お前、これをマグカップだと思って描いただろ。デッサンするには、一切の既成概念、固定観念を取り払わなければダメだ。『これはマグカップだ』という意識があるから、実際にはお前からの角度では見えていないはずの、裏側のこの柄の部分などを勝手に描いている。さらに言えば、今お前は線を描いたが、厳密にはそれは線ではない。光が浮かび上がらせた明度や色の境目であって、そこに線が存在しているわけではない。もちろん線を描くこと自体はいいが、線だと思って描いてはいけない。」
なんだかちょっと禅問答のような話ではあるが、なるほど、言われてみると確かに、自分は目の前にある対象を本当に忠実に写し取ろうとしていただろうか。ちょっと線がずれてしまった場合はその矛盾をごまかすためにつじつま合わせの線を適当に加えたり、体裁のためだけに影を描いたりしていたのではないか。
その後先輩に言われたことをできるだけ意識しながら何度がスケッチをしてみたら、それは非常に集中力が必要で、10分もやるだけでかなり疲れる作業であることが分かったのだった。

曲作りも同じことが云えるのではないか。
音は目の前に形としてあるわけではないけれど、自分の中にある漠然をしたイメージを、どれだけイメージ通りに音楽として忠実に具現化できるか。メロディも、コードも、歌詞も、自分が伝えたいことを本当に表現できているか、何度も自問自答する。「なんか違うけどまあいいか」とは、決してしないこと。そう肝に銘じて曲作りに取り組んでいるもんだから、自分は1曲を仕上げるのにやたらと時間がかかってしまう。もちろん豊富な音楽理論ボキャブラリーを持っていれば、それは有用な絵筆となって、近道を見つけやすくなるだろうし、より遊び心も生まれてくるだろう。(それこそが理想)しかしそういったものにそれほど明るくない自分は、とにかく時間をかけて答えに辿り着くまでトライ&エラーを繰り返すという方法をとっている。それこそ1小節のフレーズに何時間も何日もずっと考え続けたり・・・

そんなわけで今日もまたギターを弾きながらああでもない、こうでもないと没頭していた。

要するに、そんな営みが自分にとってはとても愉しいことなのです、というお話でした。

 f:id:gumyoken:20170522000818j:plain

パブロ・ピカソ画伯の「3人の音楽家」

また、あした

 

“昼も夜も構わず賑やかなこの街に
今日もほら聴こえてる小さな歌が
雨の日も晴れの日もまた誰かと出会い
いつしかそこはまるで住み慣れた家”

昨年作ったCDの最後に収録した「また、あした」という曲。これは2年半前、僕が神戸を去る時にその心情を歌にしたものです。僕が神戸に住んでいたのは、2012年3月から2014年10月までのこと。わずか2年半の間だったけれど、それはとても密度の濃い時間で、おそらくこの先もずっと自分の人生の中で特別な時期として刻まれるであろう日々でした。今にして思えば中途半端だった20代の頃の音楽活動を経て、その後15年くらいはほとんど人前で演奏することもなかった自分が、今こうしてまたCDを作ったりライブをしているのは間違いなく神戸での生活があったからなのです。

三宮から少し西に位置する湊川公園。そこに隣接する我が「ミナエンタウン」。なんともひなびた、昭和の臭いあふれる、うすら汚れた(失礼!)雑居ビルです。ここにギター1本持って訪れたのは、神戸で暮らし始めてもうすぐ一年になろうかというある寒い冬の日のことでした。

f:id:gumyoken:20170413004631j:plain

このミナエンに通うようになって以来、次から次へと個性豊かな面々が僕の前に現れ、瞬く間に僕はこの街の坩堝に飲み込まれた。そして登場したのがこの男、雪井良太。またの名を「バッキー蛸笛」。人はみな兄弟だと思っている(笑)

f:id:gumyoken:20170413004741j:plain

左がバッキー、右がワタシ。見分けられるかな?ww

職人技の域まで磨かれた彼のハーモニカプレイは、いつも僕の曲に彩を与えてくれただけでなく、新たな人々との出会いも生み出していってくれたのでした。

約2年振りに訪れた神戸の地。今回は全面的にこの雪井氏の呼びかけによって本当に素敵な方々が揃い、最高に楽しい2日間のライブとなったのでした。馴染みの顔ぶれだけでなく、嬉しい新たな出会いもあった。

1日目は、三宮にある「brothers & sisters」にて。ダンディなマスターとお洒落な店内。でも気取ったところはまったくなく、めちゃくちゃ居心地のいいお店です。

f:id:gumyoken:20170413005244j:plain

バッキー手書きのフライヤー。撮影MIKIちゃん(^^)

2日目は、西元町の「Happy Jack」。1日目のブラシスがアメリカンなのに対し、こちらはどブリティッシュなお店!でも演奏スタイルに制限はなく、心優しいマスター「とっちゃん」が切り盛りしてくれました。

f:id:gumyoken:20170413005343p:plain

本当にこの街では音楽が、人々の生活と、人々のつながりの中に、さりげなく、自然に流れている。笑顔とともに。それはまったく変わっていなかった。

ライブを観に来てくれた方々、ありがとうございました!

f:id:gumyoken:20170413012747j:plain

f:id:gumyoken:20170413005612j:plain


ライブ終演後は周辺のゆかりのお店へ。もちろんミナエンにも行きました。

f:id:gumyoken:20170413005747j:plain

グリーンラビッツにて。

前田健太マエケン)君と。拙曲「レイトショー」を歌ってくれています。今度CDが出るそうです。みんな買おう!もちろん僕も買います。

f:id:gumyoken:20170413232059j:plain

 

結局2日間とも朝まで話は尽きず…遅くまで付き合ってくれた方々、ありがとうございました!

やっぱり2日じゃ足りなかったな。

この愛すべき港町に集うすべての人たちに幸あれ!また来るからね。

そして2日間のライブを早くから準備し、奔走してくれたバッキー、本当にありがとう!今回も魔法のように楽しい時間でした。たまには東京に来ておくれ。美味い酒おごるよ。


おまけ

f:id:gumyoken:20170413010301j:plain

元町にあるジャズ喫茶jamjamです。神戸へ行った折には是非寄りたかったもうひとつの場所。帰りの新幹線を待つ間、大音量のジャズをたっぷり堪能いたしました(^^)

 

 

老成とイノセンス

never young beachというバンドが好きだ。

日本のまだ若手のバンドだが、リリースされている2枚のアルバムはすっかり愛聴盤だ。なんというか、J-POP以前から日本人がこよなく愛し親しんできたメロディの正しい継承者というか、もっと分かりやすくいうと、中村八大加山雄三が広めたメロディを甲本ヒロト草野マサムネがロックに持ち込んできた、その流れをしっかりと受け継いでいるような、そんなバンドのような気がする(かえって分かりづらいか)。それも作為的な臭いがせず、なにか先天的なものを感じる。要するにDNAというか。

1枚目のアルバムは結構インディーな雰囲気が魅力だったりしたのだけれど、2枚目では早くもそういったメインストリームな楽曲が並んでいて(いや、今の時代では決してメインストリームではないかしれないけど・・・つまり売れ線という意味ではない)、もう完全にツボってます。バンドのアレンジも素晴らしいのだけれど、この、ほとんど奇をてらわない、ほとんど主張しない、なんてことのない歌詞がまた、若者とは思えない余裕と器の大きさをを感じさせる。

「明るい未来」という曲の一節

流れゆく日々を過ごして
変わりゆく街に驚かされても
二人で並んで歩こう
それすらもきっと歌になる

こんなこと、なかなか20代で言えるもんじゃありません。
老成しているようで、イノセント。
こういうバンドがもっと売れる世の中になるといいのに。

www.youtube.com

 

再会

小沢健二の、シングルとしては19年ぶりという「流動体について/神秘的」を聴いた。
テレビ出演などメディアの表舞台にも久しぶりに登場するとあって、ネットでは新曲のサウンドや歌詞について色んな解釈が飛び交い盛り上がっているようだけど、そんな状況も楽しく見ている。
僕自身の感想としては、音作りにしても歌詞にしても、昔と変わらない誠実さにやはり胸を打たれた。そう、オザケンの音楽が今でも多くの人たちから支持されている理由は、この「誠実さ」にあるのだと思う。一読しただけでは難解なその歌詞も、繰り返し読んでいるうちに、1曲の中に長い長い時間が優しく流れているような、そんな感覚を自然と感じさせてくれる。自分の心情をあらわすため言葉を、本当にひとつひとつ丁寧に選んでいるのだと思う。
お馴染みのバックミュージシャンやアレンジャーの面々といい、歌詞にちりばめられた過去の曲へのさりげないオマージュといい、もう往年のファンにとっては涙が出そうな今回のリリースだけど、ジャケットの写真に対する本人のコメント「子どもの後ろを歩いている、僕自身の視点です」に象徴されるような、今現在オザケンが立っている場所とその心境を垣間見るにつけ、人生の中のひとつの味わいである「時を経ての再会」というテーマをこんな風に提示してくれたことに、ああ、ありがとうと素直に思うのでした。
ひょっとしたらもう二度と会うことはないかもと思っていた人に何十年か後に思わず出会ったり、そんな不思議なことが起こるのが人生。自分もすっかりオッサンになって(因みに僕とオザケンは同い年なのです)本当にそういう経験をすることが増えてきた。


映画「男はつらいよ」のエンディング。恋に破れた寅さんが行商先の田舎町で、偶然ばったりとかつての仲間に出会うという、あのお決まりの、だけど素敵すぎるシーン。山田洋次は人生をよく分かっている。
意外にも、そんなことを思い出したのでした。

 

f:id:gumyoken:20170225130615j:plain

映画「沈黙-サイレンス」を観てきました。

「沈黙」は今まで2回読んでいる。一度目は高校生のときで、二度目は数年前、長崎を旅行したあと読み直したくなって読んだ。最初に読んだときは、そのショッキングな内容と、本全体に漂うテンションの高さにとにかく圧倒され、よく分からないままただ「すごい」と感じていただけのような気がする。確かこれは夏休みの現国の課題図書で感想文も書いたはずだが、何を書いたのかはほとんど憶えていない。おそらく、この物語に描かれているような信仰というものに対し畏敬の念を抱きつつも、命を落としてまで何かを信奉するなんてやっぱり理解できない、盲目的すぎないか、みたいな薄っぺらい感想を書いたのではないかと思う。さすがに数年前読んだときには、もっと多面的で複層的なテーマが含まれていることに気付き、まあでもこれは高校生に理解できるはずないよな、と勝手に自分に言い聞かせたりしたものだった。


昔、姉が旧約聖書新約聖書を持っていて机の上の本棚に置いていた。別にクリスチャンでも何でもなく、おそらく街で配られていたものをもらってきたとかその程度だったと思うが、自分はときどきこっそりそれを読んだりしていた。不謹慎な話だが、オカルトっぽいものに興味がある子供にとっては、聖書にはどこか妖しくて神秘的な魅力があった。確か新約聖書の方には巻頭に目次のようなものがあり、それはどういうときにこのページを読みなさいという形の目次で、例えば「友人を裏切ってしまったとき」とか「誰かを妬ましいと思ったとき」とか「孤独を感じたとき」みたいな内容だったと思う。実際そこを読んでみてもたいていは「?」という感じだったのだが、興味を惹くには十分刺激的な書かれ方だった。語弊を恐れずに云えば、そうしたアプローチのしかたは今考えると、そして今風の表現でいうと、仏教よりもずっとポピュラリティがあるように思えた。
特に圧政下の徳川政権時代、そんなキリスト教が人々を扇動する危険な宗教であると警戒されたのは分からないでもない。完全保護主義鎖国状態の当時の日本で、賢い徳川幕府からすれば政治的に考えて取り締まらざるを得ないというか、「せかっく全国統一して管理して太平の世を目指しているんだから、余計なこと吹き込んで皆を惑わせんでくれ」ということだったのだろう。この物語は、キリスト教の弾圧を単に非人道的なものとして批判対象にするだけではなく、そういったお国事情や国民性の違いが生む悲劇について、嫌というほど考えさせられる。「あの信者たちがあんなに苦しんでいるのは、こんな思想を勝手に持ち込んで広めたお前たちのせいだ。お前のいう神とは人々を救うどころか、不幸にしているではないか。」という一方的で無茶苦茶な役人側の論理に向かって司祭が有効な反論ができないのは、結局キリスト教側にも同じような思惑が存在しているからに他ならない。
極楽浄土的発想や偶像崇拝へ向かう民衆の傾向を危惧し、日本では創造主の存在が毎日昇るお日様に置き換えられるなど、自分たちの教えが変容していくことに対し「この国は、キリスト教が根付かない沼地なのだ」と嘆く司祭の言葉は、本当の意味での「信仰」の本質からずれていてあまりにも空しい。
映画の終盤、オランダから持ち込まれる品々を調べ、キリスト教に関連するアイテムを取り除く検閲に主人公が積極的に協力する姿は「宗教はやっぱりそれぞれの国に合ったのものをそれぞれの国の中だけで振興した方が、お互い平和だよな」と納得してしまったようで哀しかった。

こう書いてしまうとまるで救いのない話みたいだけど、決してそうではなく、最終的にはより深い境地へ辿り着く主人公の姿にはやはり胸が熱くなる。実は映画を観たとき、そのあたりの描写が今ひとつなのではないかという印象があった。ラストシーンの1コマは、原作にはないマーチン・スコセッシのオリジナルで、正直ベタなオチの付け方だなと思ってしまったのだが、一日経って「そうだったのか!」とその意味に気付いたのでした。ネタバレになるので書きませんが、原作をただなぞるだけでなく、監督としての解釈、メッセージをきちんと付け加えているところは流石で(原作以上にキチジローの存在がクローズアップされているのも然り。)、素晴らしい。

長くて重い映画ですが、お勧めです。もちろん原作も。

 

f:id:gumyoken:20170129152249j:plain

 

ふた昔前

2年後に元号が変わるかもしれないらしい。
自分が作る曲はときどき人から「昭和っぽいね」などと言われることがあるのだが、まんざら悪い気はしなかったりする。
今は平成だから、その前の昭和は要するに「ひと昔前」ということになるかと思うが、次の元号になったら、その瞬間、昭和は「ふた昔前」になってしまう気がする。そうなったら、根っからの昭和な人間である自分など、たちまちおじいちゃん扱いだろう。

そもそも「昭和的」というような表現が使われるようになったのはいつからだろう。平成に入って10年くらい経ってからだろうか。
明治、大正、昭和、平成と、それぞれなんとなくその時代のイメージがある。明治は明治維新、文明開化、富国強兵みたいななんか勇ましいイメージ、大正は大正浪漫、昭和は長かったから色んなイメージがあると思うけど、最近はどことなく古き良き時代、みたいな文脈で語られることが多くなったような気がする。
平成はこれからどんな時代として人々に記憶されていくのだろう。

 

f:id:gumyoken:20170115224106j:plain

少し前に、「1979年の歌謡曲」という本を読んだ。1979年(昭和54年)の日本は、テレビやラジオで歌謡曲、ニューミュージック、演歌などがすべて同列に扱われ、入り乱れて全国に流布しており、非常に熱い音楽シーンを作っていたというような内容の本だ。当時「ザ・ベストテン」などを最も熱心に観ていた自分もずっと前からそう思っていたので、同じことを考えている人がやっぱり他にもいるんだな、と興味深く読んだ。
昭和54年、自分は小学5年生だった。エンターテイメントというものに対する嗜好が形成される最初の時期かもしれない。その後中学に上がった僕は、今度は「ベストヒットUSA」を熱心に観るようになるのだった。
この歳になって振り返ると、自分の音楽的ルーツは「昭和54年の歌謡曲と、1982年の洋楽」にあるのではないかと思っている。